酵素不足 影響

酵素不足が招く影響

生きるために必要な「酵素」。

 

そんな酵素が不足すると、私たちはどのような影響を受けるのでしょうか。

 

血が汚れてしまうリスク

amilaseprotein

私たちは食べ物を口で咀嚼(そしゃく)します。

 

このとき、唾液の中にある消化酵素「アミラーゼ」によって、「デンプン」が分解されます。

 

デンプンを摂取した場合、カラダが吸収してエネルギーとして使うのには、そのままの状態だとダメなんです。

 

消化酵素であるアミラーゼがこのデンプンを分解することにより「ブドウ糖」ができ、カラダが吸収しエネルギーに変換出来るようになります。

 

しかし、酵素不足で分解が不十分の場合、「消化しきれていない糖」がそのまま吸収されて、血液の中を漂います。

 

この「消化しきれていない糖」は、血液をドロドロにし、赤血球同士をくっつけてしまいます。

 

こうして、血液が汚れてしまう可能性が出てくるのです。

 

血液が汚れてしまうと、血流や血行が悪くなります。

 

赤血球がくっつくことにより…

 

人間のカラダの血管の長さはおよそ10万km、そのうちの約90%は、「毛細血管」であると言われています。

 

毛細血管の直径は約5ミクロン。

 

それに比べて(正常な)赤血球の直径は約7ミクロン。

 

じつは、もともと赤血球のほうが毛細血管よりも大きいんです。

 

ではどうして血管の中を赤血球が流れられるかというと、赤血球はある程度柔軟にできているので、細い血管を通るときには変形して通れるのです。

 

ところが、赤血球同士がくっついた状態になると、細い血管を通ることができなくなります

 

そうなると、体中の細胞に血液が行き渡らず、何らかの病気を引き起こすようになるのも当然と言えるのです。

 

酵素が十分にあれば、赤血球同士の連なりがとけ、血液サラサラを目指せるでしょう。

 

これは、デンプンだけでなく、タンパク質でも脂肪でも同じことが言えます。

 

見つめ直そう現代の食生活

 

加熱調理された食べ物には、酵素がありません

 

そのため、消化するためにカラダが自前で酵素を作らなければなりません。

 

しかし、病気や加齢が原因で、酵素をつくる力が弱くなっている人は、酵素を作るのが追いつかなくなります。

 

そうなると、食べたものが十分に分解されないままカラダの中に入ってきてしまいます。

 

本人は「栄養を摂っている」つもりでも、残念ながらカラダは「異物」ととらえてしまうのです。

 

「食べ過ぎ」や「加熱調理されたものばかり食べる」と、酵素不足を招く=血が汚れてしまう=不健康=病気…というふうになりかねません。

 

できるだけ、酵素が摂取できる「生」のものや「発酵食品」を、食事に取り入れるように心がけてみましょう。