酵素 健康 長寿

酵素で健康維持

酵素が健康維持に役立つのは、なぜでしょうか?

 

もうお分かりかも知れませんが、酵素人間の生命活動に必要なものです。

 

また、ヒトには様々な面で個人差がありますが、「酵素を作る能力に限りがあるということ」も、その例外ではありません。

 

消化酵素も代謝酵素も出所は同じなので、消化酵素ばかりを作っていると、代謝酵素のほうが不足してきます。

 

これは、理想的ではありません。

 

代謝のいいカラダというのは、消化酵素と代謝酵素が50:50であることが望ましいのです。

 

関連記事:酵素の種類

 

 

消化酵素と代謝酵素のバランス

kouso_img1

体内酵素のバランスとして、全体を100として考えると

 

消化酵素50
代謝酵素50

 

が理想とされています。

 

理想というのは、代謝の良いカラダということ。

 

kouso_img2

ヒトは食べ物を食べたとき、消化酵素を使います。

 

体内酵素は固定値なので、消化酵素が多く使われることで代謝酵素の割合が減少します。

 

暴飲暴食などをすると、消化酵素をさらに多く使うことに。

 

この問題を解決するには…

 

 

kouso_img3

体外酵素である食物酵素を取り入れて対処することができます。

 

2つの体内酵素の割合をキープすることで、代謝の低下を防ぐのです。

 

酵素ダイエットで痩せられる理由の一つとして、このメカニズムが働いていることが挙げられます。

 

酵素ドリンクなどを使用すれば、このバランスキープがしやすいでしょう。

 

また、普段の食事の付け合せ(例えば焼き魚に大根おろしなど)も、「+食物酵素」という考えがなされているみたいですね。

 

 

病気と酵素

okayu_img

例えば、風邪をひいた時に私たちは何を食べるか、パッと思いつくものは何でしょう?

 

お粥」が定番ですよね。

 

では、なぜお粥を食べるのか。

 

それは、脂っこい食品に比べて、消化しやすいからです。

 

つまり、消化のために酵素を余分に使わなくて済むのです。

 

動物の本能として、カラダの調子が悪くなると、何も食べずにじっとしているようになります。

 

"食べない"ことによって、代謝酵素の力(免疫力や自然治癒力)を高めようとするのです。

 

病気になったとき、私たちは本能的に「消化の負担」を避けようとするのです。

 

カラダって、良くできていますよね。